生命保険会社が倒産した場合はどうなるの?

契約していた保険会社が倒産した場合、その保険金はどうなるのか?契約は? - 生命保険会社が倒産した場合はどうなるの?

生命保険会社が倒産した場合はどうなるの?

もしもの時のために加入しておきたいのが、生命保険です。事故や入院のほか、死亡した際にも、遺族に安心できるだけの金額を残しておけるのはとても安心できますよね。
若い人はあまり保険に入らない傾向にありますが、保険の仕組みを知っておくと、入りやすくなるかもしれませんね。
しかし、そんな保険会社が倒産してしまうという可能性も大いにあります。保険会社と言えども、いつ何時経営が困難になるかわかりません。もしも、あなたが加入している生命保険の会社が倒産してしまった時には、どのようなことになるのでしょうか?

保険会社が倒産する時とは

世界の各地では何年かに一度、金融危機と言われる事態が起こっています。その理由は、国によって変わりますが、日本でもあり得ないことではないのです。また、保険会社自身の経営困難ということもあり、世間的に金融危機が訪れていなくても、保険会社が倒産するという可能性はあります。また、倒産ではなく、買収や合併が行われるという場合は、加入している保険のプランなどはあまり変化することはありませんが、新たにプランに加入しようという時は、勝手が変わってくるようです。

倒産してしまったら保険金はどうなるの?

積み立てタイプ、掛け捨てタイプなどさまざまなプランがありますが、保険会社が倒産してしまった場合も、それが無駄になってしまうということはまずないでしょう。基本的に保険会社は、「保険契約者保護機構」というものへの加入が必要となっています。これは、保険金を保証する保険です。保険の保険と聞けば意味が分からなくなってしまうかもしれませんが、わかりやすくいうのならば、保険会社が倒産したとしてもその保険機構が保険金を支払ってくれるのです。しかし、全額が保証される事もなく、全体の90%程度の保障だと考えた方がいいでしょう。全く帰ってこないよりは良いのではないでしょうか。
また、倒産した会社の保険に加入している人は、他の保険会社に保険内容などを引継ぎされるのがほとんどとなっています。しかし、その引き継ぐ会社のキャパシティに見合わないような保険内容であれば、予定していた金額よりも少なくなってしまう可能性もあります。また、利率が低くなったり、長期保証を予定しているものであれば、内容の見直しを検討しなければいけなくなるでしょう。

会社が倒産したあとの契約はどうなるの?

regers
保険会社が倒産したあと、引き続き契約を続けることはできます。元会社が変わってしまうので、その契約内容には違いが生まれてしまうこともありますが、そのまま保険に入り続けることが可能です。しかし、保証会社によっては一からの契約更新になり、保証金額が下がってしまうこともあります。そう言った部分は保険会社の意向によります。
もし、契約を切りたいと思った時は、もちろん、解約をすることも可能です。しかし、倒産してすぐに解約可能にしてしまうと、パニックが生じてしまう可能性がありますので、倒産したからと言ってすぐに保険会社に駆け込むのではなく、顧客別に会社の人が訪ねてくるはずですので、案内を待ちましょう。また、その内容をしっかりと把握することで、トラブルなく、契約を更新したり、解約したりすることができます。
一番は、倒産をしないような保険会社を選ぶことですが、それを一目で見極めることはできません。しかし、契約する会社がどのくらいの規模の会社なのか、親会社がどこなのかなど、確認をする必要があります。
■どの生命保険に加入すればよいのか困ったときは生命保険ランキングは保険タウンにお任せください!

Copyright(C)2016 生命保険会社が倒産した場合はどうなるの? All Rights Reserved.